ポゼットの正しい飲み方を知って安全に服用しよう

ポゼットの飲み方

ここでは、早漏改善薬ポゼットの飲み方についてまとめていきたいと思います。

毎日飲むべき薬なのか?何錠のめばいいのか?などさまざまな疑問があるかと思いますが、ぜひ参考にしてみてください。

特に通販サイトを利用して個人輸入という方法でポゼットを購入する場合には、こちらを参考にしていただきたいと思います。医師の説明を聞くことができないので正確な用法容量が分からないと思いますが、ここではていねいにまとめています。

服用タイミング

ポゼットはいつ服用すればいいのか?

つまりタイミングはいつかというと、性行為に及ぶ1時間前が望ましいとされています。

1時間をかけて有効成分のダポキセチンが体内に浸透して効果を発揮し、脳内のセロトニン量を増加させることで早漏になることなく性行為を行うことができるようになります。効果が現われはじめてから5~6時間は持続するので、あわてる必要はありません。

決して毎日飲まなければならないわけではありませんが、直前1時間前に飲まなければ効果はありません。

目安量

ポゼットには、1錠につき有効成分のダポキセチンが30mg、60mg、90mgのものがあります。1回につきいずれかを1錠服用するというのが一般的な方法です。理想的なのは30~60mgといわれています。

90mgのものを服用するときは、ピルカッターを使って半分にして飲むといいでしょう。

1日の最大用量

先にも書いた通り、ポゼットを服用する際の理想的な用量は30~60mgとされています。30mg錠を2錠、あるいは60mg錠を1錠、そして90mg錠の場合は、ピルカッターを使って半分に分け、半錠にしたものを服用することをおすすめします。

継続的に飲むことで効果を発揮

ダポキセチンは、毎日摂取しなければならないというわけではありません。しかし、早漏を解消するためにポゼットを服用する場合は継続的な利用がおすすめです。継続的に利用することでポゼットがより効きやすくなります。

また、特に性行為に慣れていないために早漏になってしまうという場合には、継続的に利用することがおすすめです。何度か利用するうちに慣れ、自身がついて、最終的には服用しなくても早漏に悩まされなくなる、そのような効果も期待できます。

要するに早漏とは自身がないことによって起こるという場合があるので、ポゼットを服用することで心穏やかに成功をすることができる=失敗せずにできるという自信をつけることでおのずと状況を変えることができるわけです。

ポゼットの注意点

ここでは、ポゼットの服用に関する注意点についてまとめていきたいと思います。早漏改善薬のポゼットは、医薬品であるだけにさまざまな注意点が定められています。

たとえば、併用禁忌薬というものがあります。ポゼットと一緒に服用することによって、効果が得られなかったり体調不良になってしまったりする薬のことです。

また、この薬は服用できない人がいます。

どのような薬が併用禁忌薬にあたるのか、飲めないのはどんな人なのか、チェックしておきましょう。

ここでは、ポゼットの服用に関する注意点についてまとめていきたいと思います。早漏改善薬のポゼットは、医薬品であるだけにさまざまな注意点が定められています。

たとえば、併用禁忌薬というものがあります。ポゼットと一緒に服用することによって、効果が得られなかったり体調不良になってしまったりする薬のことです。

また、この薬は服用できない人がいます。

どのような薬が併用禁忌薬にあたるのか、飲めないのはどんな人なのか、チェックしておきましょう。

併用禁忌薬

ポゼットには、いくつかの併用禁忌薬が定められています。

たとえば、ポゼットはSSRIというカテゴリーに属する薬ですが、同じカテゴリーの薬を併用することは出来ません。セロトニン再取り込み阻害の効果が強くなりすぎて副作用を招く可能性が高まります。

「CYP3A4阻害薬」というカテゴリーに属する薬も併用禁忌薬として定められています。抗真菌薬、抗HIV薬などがこれにあたります。いずれかの薬を利用している方は、ポゼットの服用をひかえましょう。

また、抗鬱剤として使用されている「MAO阻害薬」という薬もダポキセチンと一緒に服用することは出来ないとされています。これを服用した場合、7日間はダポキセチンの服用が出来ないので注意しましょう。

服用できない人

医薬品の中には、残念ながら健康上の理由から服用してはいけないとされる人がいる場合があります。ダポキセチンを含有するポゼットの場合も同じです。たとえば18歳未満の方、65歳以上の高齢の方は服用できません。

また、ポゼットは男性の早漏改善薬なので女性は服用できません。

そのほか、心臓に病気がある方は服用厳禁とされています。心不全、狭心症などを発症している方はポゼットの服用をひかえましょう。

また、内臓関係で言えば腎臓、肝臓の病気をしている方もポゼットの服用は出来ないとされています。

安全性が確立されていないので、これらの条件にあてはまる方は注意しましょう。

「自分は大丈夫だろうか?」と不安な場合は、一度病院で相談してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか。

ここでは、ポゼットに関する注意点をまとめました。

併用禁忌薬や、服用してはいけない方についてまとめていますが、必ず確認してから薬を購入・服用するようにしましょう。特に通販でこの薬を購入する場合は医師の診察を受けるわけではないので、何でも自分で早合点してしまいがちですが、要注意。たとえば併用禁忌薬の中には、併用することで重大な体調不良につながってしまう可能性があるものがあります。ポゼットは心身ともに健全で満足感の高い性行為を男性とそのパートナーにもたらすものです。使い方を誤って体調不良になってしまわないよう、注意しましょう。